無造作記

七夕出会いジャック徳羅イヌワシ鳥腕時計を詠んだ唯美愛情

千百年前、牽牛織女忠貞愛情カササギに感動して、幾千のカササギが愛人を作ってカササギの橋を殘して皓皓銀河が出会い、ロマンチックな唯美のラブストーリーうたわ今ので、鳥もよく人々の愛を歌うの象徴。今日、ジャック徳羅(Jaquet Droz)を引いて穀婉曲ひらめきのおっぱいを方寸の間に真に迫っていて、生き生きと再現「日壊れ比翼連理の契」浪漫画面は、恋人になる間伝送れちっくの最高の贈り物。
イヌワシ鳥時小針盤-四季シリーズ(PetiteHeure Minute Relief Seasons)
創立の初め、ジャック徳羅すなわちにこれらのピエールやジャック徳羅故郷スイス汝拉地区のしなやかさ、鳥の鳴き声おっぱいへの敬意を運用して、当時の最先端の技術の羽、明泽コピー出な鳥の羽の色や神秘的かつ深い眼神。三世紀を越えて、精巧技術はずっとジャック徳羅創作の灵韵妙髄、今ジャック徳羅芸術工房の工芸大家達兼承この創作趣旨、再び自己を超えて、設計イヌワシ鳥時小針盤–四季シリーズ(PetiteHeure Minute Relief Seasons)腕時計。この項腕時計を融合させたジャック徳羅工芸大家の最も優れた伝統芸をし、新しいことを演繹して、1項の新しい耽美傑作。文字板の上に白い真珠の貝を持って明るい色や立体形二匹の精霊の鳥文字盤の両側に立つ。真珠バイモ文字盤は全手彫り刻まれ、イヌワシ鳥経と彫刻処理後、文字盤の上に象眼して、最後に着色処理し、鳥の羽根形態から鳥へ身の大きさから、喉に輪郭黄色と靑い鳥羽までの細やかなまぜる、すべて巨细无遗、この表になっ名は体を表す項の立体傑作、その熟練の逸の姿、ストレッチの羽根がある「レール・デュ・タン”の愛情演繹の美。