無造作記

ゲーラ苏蒂知識の腕時計:腕時計のメンテナンス方法や使用方法

1 .腕時計の保守常識。
(いち)腕時計をはめる時、手に汗にケースが腐食性のため、全鋼ケースはニクロム、錆性能により、半鋼ケースは銅の、長期の汗と接触、腐食するべきで、よく柔らかい布で消去汗やマットにプラスチックの表に依頼され、その汗を防ぐ浸食。
塵埃は、塵埃には、時計の正常な仕事に影響を与えるためには、通常の仕事をする必要はない。
ウオッチ丸のたんすに時計を入れないように、時計には樟脳丸のクローゼット内に置いておいてください。
時計はラジオやテレビにおいては、磁化を避けるために、時計をしないでください。
長期保存(ご)をつけないの時計は、毎月定期的に一度をバネに、部品への長期が静止状態を確保するために、表機の運転性能。