無造作記

ブレゲ時計知識の戴夜光時計睡眠はよくなくて、電子時計の小さい知識

腕時計を手首にかけて寝ると、時計が夜光時計であれば、体に不利な影響を与えることになります。それは夜光時計の針と文字盤に塗った発光材料は、主にラジウムや硫化亜鉛の混合物の放出をかきたてるラジウム放射線硫化亜鉛結晶発光、眠る時、もしかぶっ表、人体8~9時間されてしまうのラジウム放射して、人体に対して一定のの害。だから、寝る前に、左の時計を取って、机の上に入れたほうがいいです。
ブレゲ時計知識の電子時計の小さい常識。

電子時計は温度25~28℃で、昼夜のカウントダウンの誤差は1秒以内で、温度が0℃以下または50℃以上になると、昼夜ごとに2秒遅い。同時に温度がガンダムろくじゅう℃の時に、液晶パネルは暗くなることができて、温度が下がる0℃以下の場合は、液晶パネルの表示作用を失うことになるので、冬、電子時計だけを腕に、人体の定温を保つそれで通常のカウントダウン。また、高温や低温では電池漏れが発生し、ムーブメントを腐食している。

電子時計の電池は一般的に1年以上使えますが、照明の消費量は大きくて、1秒の消費電力は1時間以上に相当します。電池の電気が終わった時、照明が暗くなったり、開いた時に数字が暗くなったり、消えたりします。電池の交換をする場合、自分ではわからない、修理技術はあって、時計店インストール。また、電池の規格は標準化していないので、各種の電池が多いので、勝手に採用できません。

電子時計は注意しなければならない:ボタンを押して力を入れないようにすることができなくて、故障しないようにします。液晶パネルは5~7年を使って別に新しいのを交換する必要があります;電池は電気がなくてすぐに取り出して、流液がムーブメントを腐食しないようにします。ランプがついていないことを発見して、ボタンが故障して、カウントダウンが突然大きい誤差があった時直ちに修理しなければならなくて、可能性があります。