無造作記

皮バンド簡易養生法3 S原則

秋冬の季節になると、多くの人は天気の変化に従って、手に冷たいチェーン表をベルト表に変えて表にします。
店のベルト表の販売実績は明らかに成長しており、ベルト表を示すのは寒い季節の消費者の一番の愛だ。でも、ベルト表
戴久ましたが、それに伴って様々な問題に、消費者は一心にを維持する必要があるこそ、バンドをベスト
お世話になりました。

ベルトの基本スタイルは上に分けることができますワニベルト(Crocodile Straps)、トカゲベルト(Lizard
Straps)、ダチョウベルト(Ostrich Straps)、子牛ベルト(Calfskin Straps)

一般的に、皮の表の生地は、ワニの皮、トカゲの皮、サメの皮、ダチョウの皮、小牛の皮などに分けられます。
価格からいち、に千元からご、ろく千元と、しかし、どの1種の材質のバンド、戴久ましたが生じる臭い
味、または発生硬化現象、もし適切に正確な保養の道を把握するのが、3 S原則を延長でき皮バンド
半分以上の耐用年数に、これらのメンテナンスプログラムが完全に自分ですることなく、他人は経済的仮名、
またお得です。

表帯の保養の4つのステップ。まず小さいブラシで少し石鹸の水をつけて、急速に汚れたところをきれいに洗ってください。
次に水ですぐに乾き、それから乾布で乾かし、革油を塗ってください。
また、保護剤は使用しないことをお勧めします。

いわゆる3 S原則とは、使用と皮質(Skin)相いれローション、柔らかい(ソフト・オン・デマンド)、高速(Soon)湿布
自然风乾。普段はなるべく避けバンド水との接触によって、濡れたなら、なるべくなど风乾後付け
を避けるために、臭くなる。寝るときはバンド最高を置いて風通しの良いところ、皮質細胞を広げて呼吸;冬
表帯の硬化度は大きく、曲がりやすい形が出てきます。そのときは、皮の質を傷つけないように、反折しないようにしましょう。
またバンドのほこり、使用をきれいに布が少し清水拭く後置風に自然に风乾で。