無造作記

自分で時計を取り外して、衝突と転んで転ぶことを避けてください

1、時計を取り外して、時計の部品を取り外したり、ねじを押したりしないでください。あなたの腕時計を開けたり、電池を交換したりしないでください。

2、経過専で注意:保証条項によって、いかなる非特約補修時拆過ごした腕時計、腕時計はされない保証。

さん、時計はとても精密機器、それをバネにチェーンがエネルギーのを、駆動システムにエネルギーを輸送摆轮糸遊システムをカウントダウンで、駆動システムと指針を示すために時間を超えない.カード数センチの小さな空間に数百個の部品が含まれている、その中である部品の損傷、緩みやずれ、腕時計の時も起きる可能性も正確ではないまっすぐ行くなどの故障。

4、愛用表を長持ちさせるために、衝突を受けないように気をつけて使用習慣をつけてください。特にお時計を外した時、そっと置いて注意安全な位置で、勝手に投げ機、台盆などで、外観がもたらしやすい花も内部件の損傷。