無造作記

オメガ「星の奇境」宇宙特集

2018年4月27日、アメリカ国家航空宇宙局(NASA)太陽系探索計画をテーマにした『星の奇境』宇宙特展が北京あご堤港冬季花園で開催される。宇宙飛行士として宇宙を探索する重要な装備で、オメガとNASAの宇宙伝奇の過程は常に人々のために盛んに行われています。今回の展覧会では、オメガも超覇腕時計と貴重な歴史文書を出展し、来場者と共にその輝かしい物語を回想している。

オメガ超制腕時計の宇宙伝奇

1957年に誕生したオメガの超覇腕時計は、最初はレーサー運動のために生まれ、しっかりした構造と精確なカウントダウンと便利な読み取り機能を持っている。オメガの超覇腕時計は設計、耐久性、腕時計機能の面での卓越した表現で、その後の宇宙探索の過程のために堅固な基礎を築く。

1962年、アメリカの宇宙飛行士ワルト・シュエラがプライベートで購入したCK 298の超制腕時計が宇宙に入り、初めて宇宙に入ったオメガの腕時計になった。当時、CK 298の超覇腕時計が水星計画の「シークコード7号」を実行していたことがあったが、オメガの超覇腕時計の宇宙が幕を開けた。