無造作記

帝舵遺産アドバイザー腕表实拍

2013年4月25日、1年に1度の時計界で開催されたバーゼル国際表展が幕を開け、腕時計の家チームが特にスイスに行って、その先で初めて展示されている。
2011年に初発売された帝舵HerイタスAvisorは、今年は新たなダブルカラーで登場し、なめらかな黒い光沢を見せている。この腕時計の現代デザインは、さらにハイテク時計の感覚を強化する。
1957年に腕時計を響かせる現代の演繹として、Adisorは帝舵表の伝承の精神を完璧に体現している。そのメカニズムには、帝舵表の独家で開発された機械音騒ぎの機能コンポーネントを備えており、均一に澄んだ音がする。
この時計はファッションの雰囲気があふれていますが、外形と比例はモデルのデザインに忠実で、中層の表殻、シェル耳、外輪、そして有名なDapinpin指針、斜めの時計ポイントマーク、スタイル独特の赤い音機能の指針、すべて原型の神髄を残しています。
現代の味わいに合わせて、表の直径は34ミリから42ミリまで拡大した。その中で、音が鳴るスイッチのボタンは8時に位置します。開光機能は窓が9時になっています。カレンダーは6時に位置します。2時位置に位置した上チェーンの冠に「ADVD」という文字が刻まれている。また、4時位置に位置する表冠は、元の表面の帝舵表のバラマークを丹念に刻んで、チェーン、設定時間、調校カレンダーの使用用として用いられる。