無造作記

MB & Fはタイムマシン7番「Aクエプダー」を発売

MB & F 2017年初のHM 7腕時計は、黒陶磁器の表輪を組み合わせた紅金金と、青色の陶磁器を組み合わせたチタンの金を出す。今ではHM 7が再び回帰し、緑のサファイア・クリスタルを合わせたチタンの金表を50枚限定。

外空(HM 2、HM 3、HM 6)、航空機(HM 4)及びレーサー(HM 5、HMX、HM 8)などの要素を融合させ、製表の分野で地盤を開地した後、MB & Fは、時間機器第7号(Horochicical Machino – 7)を持っていた。また、HM 7 Aクエプニング、下潜地水域の中である。

クラゲのプロットを取材しているうちに、HM 7 Acpicalは、機械腕時計の内在的エッセンスを随所に搭載しています。1枚の中央飛行機の飛輪は、同心円の垂直のメカニズムの先端にそびえ立っていて、時間は中心から放射線が出て、池の中が波立つさざ波のようです。

HM 7は時計クラゲを発想の起点とし、エンジンの全体構造にも入木三分の生物形態がある。クラゲは左右対称の形を持っています。アクチュームも同じように対称な形で現れます。クラゲは、触手から捕獲された食物から養分を汲み取っていますが、HM 7は同様に触手の造形を自動的に連鎖して動力を獲得しました。