無造作記

オオカミおじさん「休?ジャックマンは万宝竜の全世界イメージキャラクターになります」

2014年のジュネーヴの高級製表サロン(SHH)は1月24日に円満に閉幕し、今年のSHHでは、オリジナルシリーズの数を更新するだけでなく、新シリーズの「大クラス伝承」については、古典的な製表技術を尊敬している。今年のマブロンの新表は業界で一般的に認められているが、同时にハリウッドの有名な映画スター・ジョーマンがブランドの新世界のキャラクターを起用している。

これまでのマブロンのキャラクターはニグラスケチで、小編はケチのイメージがさらに文芸的で、多少の憂うつを感じていて、よく演じるキャラクターは「カレーライス」が多い。これは、近年の映画は、基本的には男性の主役であり、特に昨年は『悲惨な世界』で、歌を歌って、全体の芸術イメージと口コミをもっと正面にしているような気がします。万宝竜も、小編みと似たような分析をしているのではないか。