無造作記

華やかで華美2015オメガ新モデルの腕時計盤

今年のオメガの新モデルの更新は主にディスクと星座の2つのシリーズに集中していて、変化の大きいのはディスク飛シリーズで、星座のシリーズは優雅な外形を維持し続けて、同時にディスクの上で精緻な彫刻の紋様を加えて、印象的である。

この星座シリーズの時計の直径は27ミリで、精鋼は18 Kのバラの金で作ったもので、表の輪には天然ダイヤモンド(計32粒)をはめて輝きます。表殻、表帯精製の鋼鉄部分は磨砂を使用して磨きをかけて、深い内収束に見えて、18 Kのバラの金部分は高く輝き、両者は明暗にプラスしています。

表盤式という腕時計の特色も、今年の星座シリーズ独特のデザイン美学も具現されている。繊細な彫刻は、繊細な羽のように、不規則な分布が盤面に霊感を与えている。刻度時にはダイヤモンドによって解釈され、3時位置のカレンダーは開窓とディスクがよく溶け合っており、大きさもダイヤモンドの刻度に近いので、自然と和やかに見える。

腕時計の内部にはブランド自産の880型が搭載されており、男性の腕時計に搭載された8500の違いは日付が直接学校を調合することができ、また時間の針を回転させることなく学校を調整することはできない。機械のコアは縦のシステムと同様にオメガの先進的なシリコンの糸を運用して、とてもよい防磁気性能を持っています。