無造作記

華美で優雅な結合のロレックスの新しい日誌の真珠の淑女型

2006年、薩爾斯のトーチカの行うモーツァルトの誕生の250周年紀念の音楽で遅く行って、有名なメゾ・ソプラノの声楽家はセリア・巴托莉(CeciliaBartoli)を詰め込んで感情を傾けてモーツァルトの名曲《喜んで狂喜する》(Exsultateを歌って、Jubilate)、はその時彼女は1枚のラインストーンのカキ式の恒をつけていてレディースファッションの日誌の真珠の淑女型腕時計に動きました。この華麗な腕時計の優雅できめ細かいの、しかし感動させる楽章と同じくらい美しいです。

2013年にバーゼル世界の時計の真珠や宝石博覧会、ロレックスは新作のカキ式の恒を厳かに出してレディースファッションの日誌の真珠の淑女型腕時計に動いて、貴重な材質と華美な宝石を完璧に結び付けます。殻と腕時計のバンドを表してロレックスのから18ct永久不変のバラの金を鋳造して製造して、18ct白色の黄金の外側のコースと腕時計のバンドのからくりの骨を添えて、そして埋め込みしてまばゆいダイヤモンドがあります。このこの上なく華麗な真珠や宝石の腕時計の表面の上で装飾は黒色あるいは白色の真珠の雌があってピンクの金色の蓮の花の図案を象眼します。