無造作記

みんなにどう機械式ウォッチを補修するように教えます

TimeForce腕時計の知識:みんなにどう機械式ウォッチを補修するように教えます
1.毎日固定的な時間でねじをまく方がよくて、一回は十分です。ねじをまくのが時計を回す速度を適切で、行くのがとてもきつくないでください。きつすぎて、ぜんまいはぜんまいの箱の中の油(脂)に粘着しやすいです。ぜんまいがリラックスする時、弾力が過度に断ち切られやすいためです。
2.腕時計は最もやめて猛烈に震動して、球技をしてあるいは手がものを打つ時使って、それを取る方がよいです。腕時計も水を恐れてしみこみます。そのため、服を洗って、その他と水の接触する仕事を手を洗うかする時、腕時計を取る方がよいです。腕時計の表すガラスはもし霧あるいは水点が現れて、直ちに検査・修理をするべきで、霧に水点を拭いていって、悪がしこい心を火であぶります。しかしもしいくつか霧だけある、気候に乾燥しているように待った後に、それは自分で消えてなくなります。
3.気の向くままに開けてふたを表さないでください、ほこりが落ちるのを免れるようにします;更にむやみに動かしてはいけなくて、壊れて直ちに時計店に修理を送りました。
4.腕時計がつけない時、腕時計をラジオの上で置かないでください、スピーカーの磁石に磁気を帯びられたのでないようにして、幸運なことに影響します。腕時計は更にしょうのうが置きとと一緒にべきでありません、しょうのうがきわめて容易な揮発の物質ため、機械油凝固しやすくて、給油を失って、その結果時計の精確度を損ないます。
5.腕時計の表すガラスの硬度が高くなくて、先のあくまで鋭い物質と拭いて当たりを免れるべきで、高圧の高熱と化学試薬の腐食を受けるのを免れて、毛あるいは損失を拭かないようにします。もし漕いで軽微な痕跡があって、しかし歯磨き粉を綿フランネル上で塗って、ガラスの上を表していて何度も摩擦して、すぐ跡を漕ぎを取り除くことができます。アルコールで拭くなかれをしっかり覚えておいて、ガラスを表してアルコールと化学効果を発揮して割れるのを防ぎます。