無造作記

世界ZENITHチップEl Primeroを驚かせます

1969年、ZENITHは人に驚かせてElPrimeroチップを出させて、毎時間の36で、000回の並べるのはスピードに順番に当たって、壇を表して迅速にひとしきりの旋風を巻き起こす、同時に震動しますばらばらになったたくさん同時期28、800回並べる順番に当たる回転速度のチップの名乗った正確率、なる機械の山頂を表す峰の年代の中で制覇する表す壇の伝奇時計工場。

世界的に有名なElPrimero自動チップ/直径の30mm/しきりに36、000の回/時間/31石に震動します/
エネルギーは50時間の/ボール・ベアリング/双方向を貯蓄して自動的に鎖/に行って30分、60秒および、12時間の時間単位の計算機能があります

1969年、ZENITHは奇想天外にElPrimeroチップを出して、毎時間の36、000回の並べるのはスピードに順番に当たって、急速に巻き起こして壇のひとしきりの旋風を表すだけではなくて、同時に震動してばらばらになってたくさんの同時期の28、800回は並べて回転速度のチップの名乗った正確率に順番に当たります。今日に至って、軸と捕らえて器の父─ジョージ・ダニエルのこの博士(Drを跳躍します. George Daniels)もElPrimeroチップの魅力を逃げられないで、その装置の於の彼の研究開発したのが器の上でを捕らえるのを、明らかにElPrimeroは確かにそれの人よりまさっている場所と精密で正確な度があります。

少しもいい加減にしない精密な組み立て工程、品質に保障させます。

実はZENITHも1段の過去を振り返るに忍びない昔の事がありました。ZENITHサービスの30年でのマルク先生(Marc―Wによると. Roethlisberger)表して、70年代に、ZENITHはアメリカ人が後を買い付けるに、於を映してその時石英の時計が盛んに行われて、だから機械の表す古い機械を作りをすべて売り出すか使えなくなりを決定して、だから70年代ZENITHにとって、1でたらめな歳月で、同時に機械の表す友達が好きなのに対して、一大の欠陥です。しかし15年後、山の峰や道路がうねうねして、伝統が表して改めて市場の主流になる時、スイスの資本はZENITH工場を回収して、そしてその10の数年前売り出す機械を買い戻して、改めてElPrimeroを名にして出撃して、4時間単位の計算のシリーズとRainbowシリーズなどを出してChronomaster、Class、やはりまた再度世間の人に毎時間の36を身をもって経験させて、000の回転したのきわめて速く快感。