無造作記

カシオの腕時計のバンドが摩耗するのがどうする_カシオの腕時計摩擦に強いです

カシオPVDの処理したことがある腕時計の腕時計のバンド、長くなってでき(ありえ)るかの磨損をつけますか?普通な腕時計の腕時計のバンドはきわめて摩耗しやすいのです。しかしPVD処理を経る腕時計のバンドはもしもその他の硬い物体の摩擦と色落ちしたの摩耗するかことはでき(ありえ)なくないのです。PVDはにせがあるいはPVD技術をまねたのでない限り。しかしもしもあなたの腕時計はうっかり吹いて着いて、民間の民間の処方を試みることができて、ひとつの黒い骨を探して拭いて擦って、罫書きを除くことができます。タルクでもと聞いています。
殻あるいは腕時計のバンドの上で局部の深さのかききずを表して、要して重点的に局部で先に油砥石で磨き上げます。この需要は虫めがね下にあります
行って、目的は裂け目に平均的に磨いて平らにするので、かききずが基本的になってすべて磨いて平らにしたのを磨いて取られた後のに時に、粒子の大きさの適切な紙やすりを選んで、もとに沿って砂のしわを引き延ばしてつぶしに行って、通常のこのしわはすべて時計の文字盤を中心にするのが呈する放射状のでで、だから、これは1匹の子の細かい仕事で、ほんの少しのを要して来て、研ぐ効果はようやく良いことができてやっと本物そっくりです。紙やすりに真珠や宝石の業界の使うあのようなを選択して使用するように提案して、、たとえばドイツの勇士の札の水の紙やすりである方がよい輸入した。
またあるについて砂を引き延ばしてまた技術の表す殻と腕時計のバンドを売り払いがあって、修繕する時先に砂を引き延ばして磨き上げるのをするべきで、それからまた光沢加工をして磨き上げて、すでに良いのを修繕して砂の部位を引き延ばしたを覆い隠すにただだけで、簡単なののはゴムの紙を使うことができて、少し正規がメタル・フォームをして、同様に売り払いに用いる時は覆い隠します。