無造作記

あの遥か遠い場所にあります│インド皇室の影響する真珠や宝石設計

LauraLan藍思晴 《大きい寫の蘿菈》編集長の中国語は有名な時計の真珠や宝石の論説家を閉じ込めて、もっぱら精密な機械の時計は鑑賞して、真珠や宝石、生活、文化と芸術などの各領域に対して全て非常に優れている見解をも持っています。《引いて力の仕事部屋を考える》が専門の文書の立案、顧問、に従事して仕事を講習するのを創設します。
私達がインドの風格の真珠や宝石設計に言及した時に、よくすべて莫横になる儿王朝の影響で、莫横になる儿王朝の真珠や宝石設計の風格が特殊で、それから同じくフランスの宝石商が向かって商業を営むため、横になる儿王朝皇室の真珠や宝石の作品の元素でないのをくみ取って、1つの全く新しい東方と西方の解け合う真珠や宝石の風格を創造しました。

前の文章《》の文章の言及したカタールの尼阿勒薩尼の収集の中で、イギリスの統治の前の莫横になる儿王朝の残す骨董の宝にたくさんのインドがあります。その中の最も人目を引いたのは大量の大型のダイヤモンドと祖母のエメラルドです。古いインドは豊富な宝石を持って広々としていて産して、その中はダイヤモンド、サファイア、スピネルなどですべてインドの有名な現地の宝石の天然資源で、外ミャンマーとスリランカのルビー、サファイアに接近することができて、およびペルシャ湾の来る真珠。同じくこの豊富な宝石の資源のため、インドを大衆家王朝と帝国の侵略の対象にならせます。

たぶん1526年の後に作る真珠や宝石の作品のためわかるインドの真珠や宝石に現存して、その中のエメラルドグリーンはその中のとても重要な1つの宝石の材質で、しかし実はインドは決してエメラルドグリーンを生産しなくて、コロンビアがエメラルドグリーンを掘り起こしだした後にから、ヨーロッパの商人は次から次へとエメラルドグリーンをインドに送って取引して、インドの真珠や宝石の作品の中でしきりに大きい大の祖母のエメラルドが基礎の設計なるが現れるのをも譲って、これらの祖母のエメラルドも銘刻の文字あるいは図形にそれによって魔をよけられて走らせてのろう害を病気になるか免除しに来ます。インドの真珠や宝石はただして装飾のために使う決してだけないにの用いて、同じく常にたくさんの皇室社会の儀礼などの用途で運用して、これは少しも間接的にヨーロッパが真珠や宝石を使ってと真珠や宝石の風格の元素を設計するのに影響しました。