無造作記

味の塵|自分の風格、ウイスキーの第3楽章を飲みだします

最近、私は1件の面白い事を発見して、多くの人がウイスキー商のマーケティングの方法に負けた下。日本のウイスキーを例にして、“よく響く21年”と“山崎の25年”の価格がいっしょに気が狂って膨張して、その中の“よく響く21年”の去年の売価の3500元、今年すでに6000元近くまで炒められました;“山崎の25年”の去年の売価の2万5000、今日5万元依然として1本は求めにくいです。

痛しかゆしは、大部分が友達が酒類を尋ねに来る時でも“山崎の25年”を話題にして、或いは飲んでから、或いはご馳走して、或いはまた贈り物をして、どのみちこの酒は直接メンツの範疇になるに、更に特に深刻な者の目の中ですでにその他の酒類を収容(容赦)できないで、高値の下が必ず逸品だと思って、別の人は言葉がありません。

私からすると、山崎は25年おいしくありませんて、よく響くのは21年にまた単一の麦芽のウイスキーではなくて、しかしそれらのジャストミートは国民は無限に高い心理を追いが好きでした。この市場の中でとても多くて優秀なウイスキーの品種にあふれていて、その中の多くのスコッチウィスキーは日本のウイスキーで決して負けありません。

私はずっと思って、ウイスキーの自身は一回が品物が者の間の“あなたの情は私が望む”のを飲んで出会う、みんなの趣味のためとと違い、個性的で異なる、絶え間ないべきなのが試みる中で自分で最も符合するあの1モデル、を探してとそれをあなたが生活する中に必ずしなければならない伴侶にならせであるべきです。