無造作記

ヘリカルはダイヤモンドをくるんで、開放する同じではなくてきらきら光る光芒

特有な明暗が風格を対比するのはdeGRISOGONO帝が真珠や宝石の一貫している特色を送るのです。Chiocciolinaシリーズはサファイア、青玉の御璽、沙弗莱と石、ダイヤモンドの商品のエメラルドグリーンを優雅にバラの金と黒色のロジウムメッキの表面の上で、際立っている構造の特色に象眼します。
Chiocciolinaはイタリア語の中で小さいカタツムリの意味で、デザイナーはカタツムリのスパイラル形の背負う殻をまねて、1条のやさしい幅辺の弧で指輪のアウトラインを描き出して、中のから自然と外面へ延びて、立体の真珠や宝石の造型を構成します。つながりが良い曲線でスパイラル形の造型を描き出して、中央の3粒の水滴の形のダイヤモンドは指の間の動作がそっと揺れるのに従うことができます。
ペンダントトップの表面のヘリカルの造型の上で、白色のダイヤモンドからピンクのサファイア、まで(に)あるいは白色のダイヤモンドからエメラルドグリーンまで(に)異なる色の宝石、を象眼しました。ヘリカルのしわに従って、宝石の色も絶えず変えていて、漸進的変化の色を形成して、はるかに満たして変化する色に迷いを向こうへ行きを眺めます。