無造作記

男の上半身、下半身より更に重要です!

~に対して個が設置して界のフィルムカメラを強いるのに介在します
デジタルの速いリズムの現代に慣れていて、たまにフィルムを取ってゆっくりと下りてきて、趣味の外の一種の体験です。
Q:どうして私はフィルムを撮影するのが好きですか?
A:実はより多くこの過程と道具の自身が好きなのです――カメラ、機械的な美感、遅い撮影は、手でそれぞれの真実なプッシュ・ボタンをねじったことがあって、一回の物理の衝突、感覚温度、に耳を傾けてネガを掛け始めて、光線に向かって目にまどろんでいます……なぜかというと撮影する過程は非常に満足して、自然にやはり(それとも)いくつかの良い写真を獲得することができます。