無造作記

万国を手に入れて計の小さい王子を飛ぶこんなに美しい藍盤がもあります

以前は何ブロックリストがあって、でも勤務していつも便利ではなく何回の便を持ったことがあって持たないと感じて、すでにとてもいくなったロンジンがあるとも感じて、また買ってこの事を表すと思い付いていることがありません。1つのとても偶然の機会私の下で1つの腕時計の家、また1つのとても偶然の機会で開けてちょっと見て、意外にも見ないで悪くなくて、このはますます収拾がつかなくなりを見て、フルスクリーンのロレックスを見ていて、私も買えないで見てみるようでしょう、しかし突然1つのブライトリングの書き込みを見て、その時私は夢中になって、1査也は高いとは言えなくて、2のwぐらい、それから私の狂うブラシのフォーラム、多くいくつかの表す知識を理解して、最後にやはり(それとも)決めて百のそれを買って、表す友達をわかってこれを言いを聞きとに思い付かなかったのは古いモデルで、今すでになくなって、その時の心の中それが失望していて、どうして、フォーラムをこすりができないでしょう。このブラシは本命を見て、万国小王子は計を飛んで、私がお母さんのこの青皿を垂らすのもきれいすぎるでしょう、それから実体商店に試してみたのを行って、その時時計を買う人はこれが私に適合すると言って、いいでしょう、それは私もほかのを見ないで、考えていてどう買う、あちこち苦しめる、以前は高くなったに比べて1両の千がすきなことを聞きますと、これはまた(まだ)どうして、大切にしない前に、今買いましょう、いいえむだ話は買ったに、かわいがりますが、しかしもらって表す時私は私が後悔しないのを知っていて、言わないで、図を出して見ましょう。