無造作記

機械の表す誤差を解読します

どうして機械式ウォッチは幸運で誤差が常にありますか?時間は全く同じ繰り返しの過程の継続で測量したので、測定時間の時に人々は時間をひとつのと周期性の繰り返しの過程にすでに知っていて互いに比較しました。機械式ウォッチは空中に垂れる糸の構成する機械に順番に当たって時間軸として器を揺るがしを並べるのを利用して、腕時計の精度は主にかかりを空中に垂れる糸に順番に当たって周期の安定性を揺るがしに並べます。しかし空中に垂れる糸のに順番に当たって安定性を揺るがして以下の原因の影響を受けるのを並べます:
(1)振幅の影響
ぜんまいの緩さの程度は直接並べて振幅の大きさに順番に当たりに影響して、そのためも腕時計の等時性に影響します。いわゆる“等時性”は物体の振幅の大きさを揺るがして振動周期の現象に影響することはでき(ありえ)ないので、しかし腕時計の中の並べるのは空中に垂れる糸システムに順番に当たって別に自由なことをして揺るがしたのでありません。それと擒縦係部品の頻繁な発生の衝撃と衝突、“+を強制するのが自由だ”の組合せの振動状態で、そのため必ず擒縦係からの影響を受けます。伝わって力のモメントの大きさに向って振幅の大きさを決定して、彼らが関係する時間が発生するのをも決定して、この時間はもちろん短ければ短いほどとてもです。
(2)位置の変化する影響
主要な位置の変化は平面と垂直面の変化で、平面にただ3つだけ(それらを計算するのが:が下を向いてを表すの2つの(表面上へと表面下を向いて)の正面があって、左へを表して、向上するの)を表して右へを正常につける時発生することはでき(ありえ)ないをの表して、このように数えてみれば全部で5つの位置です。位置の変化はまず主に輪軸のほぞのこすれ面の変化を並べるのをもたらして、こすれ面は増大して、また地球の中心が力の作用を引く下に車輪の不釣り合いな度更に明らかなことを並べるなことと突き出るがあって、素早く揺れ動く振り子まで(に)順番に当たる付加の力のモメント効果があって、空中に垂れる糸の重力効果がまだあって、すべて腕時計空中に垂れる糸システムに順番に当たってすべての位置で揺るがして周期すべて大きさの異なる影響を受けるのを並べます。
(3)空中に垂れる糸の速度のはさむ影響
圧倒的多数の腕時計はすべてはさむ空中に垂れる糸の速度があって、速度は便利な矯正の幸運な精度のため効果をはさんで、しかし速度のあわせと空中に垂れる糸の間が隙間があるため、“揺すぶって隙間を助ける”のその存在の極めて大きい破壊した腕時計の等時性をも言って、腕時計のサイトエラーをも増加しました。
(4)温度変化の影響
温度の変化は車輪と空中に垂れる糸のいくらのサイズを並べるのも変化が発生して、これらの肝心な点の部品のそれぞれの微小な変化はでも直接影響して周期を揺るがして、また(まだ)油(脂)の粘着度の発生を表し変える温度がもあって、それによって腕時計の輪列の力のモメント発生に伝送して揺れ動いて変化します。