無造作記

1つのブランドの運命、自ら奮闘するに頼って(寄りかかって)、しかし歴史の過程を考慮しなければなりません

1969年、日本SEIKO(セイコー)はそれの製造した第一モデルの石英の腕時計の製品の“QuartzAstron”を出したに向って、これも世界で第1モデルのクォーツ・ウォッチです。でも石英の時計の発明は日本で別に源を発しなくて、今に時計で閉じ込めて感のとても低い米国が存在するのです。

1925年1月1日、その時米国AT&T総裁の華特・基仏徳(WalterGifford)は西方の電子会社の研究部門を買い付けて、1つの“ベル電話研究所会社”という独立の実体を創立して、後BellLabsベル実験室を改名します。

3年創立した後に、BellLabsベル実験室はQuartz石英の時計を発明しました。形の水晶に固定するのになりを切断させられて1つの特性があって、それに対して電圧で与えて、水晶は安定的な振動が発生します。水晶の法則性のを利用して時間を表現するのに振動していって、このような技術は時代にまたがるのと言えます。

Quartz石英の技術の長所は明らかに分かって、しかし欠点ももとても明らかです。その時に、石英の時計の体積が巨大で、かつまた(まだ)たいへんニュースをつぶします。全く伝統の機械式ウォッチのように計略の上でつけることがあり得なくて、だから石英の時計はもっと実験室の中に存在するのです。科学技術の進歩、石英の時計次第に小型化に従います。前世紀の60の年代の時まで着いて、石英の時計はすでに“小さい”はまで(に)箱の中に置きました。日本SEIKO(セイコー)は所属SuwaSeikosha(諏訪のセイコーが捨てる)から水晶は器を揺るがして計画を研究開発して第一モデルのクォーツ・ウォッチまで(に)世間に現れて、整えて10年時間を通りました。