無造作記

IWCIWCManufakturzentrumは間もなく開幕します

2018年8月27日、シャフハウゼンの郊外IWCIWCManufakturzentrumに位置して間もなく開幕します。この建物の長い130メートル、幅の62メートル、総占有面積は13まで達して、500㎡、初めて自主的にしてチップ、チップの部品が殻を表しと製造して1か所集まるでしょう。
ManufakturzentrumはIWCIWCの最高経営責任者ChristophGrainger―Herr先生設計から、世界各地の現代主義の展示館の印象と感想の中から霊感をくみ取って、以前諾伊豪森に分布するのをシャフハウゼンの異なる場所の部門と集まっていっしょに着いて、ブランド全面的に既存を合理化して流れと構造を生産することができます。ManufakturzentrumもIWCIWCの従業員のために良好な仕事の環境を提供するでしょう、シャフハウゼンの古い市街区域の本部に位置するように、この建物の使う電力は0二酸化炭素の排出する水力発電です。今年、IWCIWCは迎えて150周年紀念を創立して、新工場の開会はこの全世界の有名な制表会社の1つの新しい一里塚です。