無造作記

スイスの腕時計を攻略する

スイスは腕時計の揺りかごで、時計の発祥地である。今、スイスの腕時計といえば、知らない人はほとんどいません。ロレックス、オメガ、シープなど、耳にしているブランドは、いずれもスイス製です。スイスでは、国内よりもデザインが多いので、価格も安くなります。そのため、多くの人がスイスで時計を買いに行く。そのために、腕時計の家がスイスの時計を買う準備をしている友人にアドバイスをしたところ、ほとんどの人は相場を知らず、できるだけ多くの無実のお金を使ってもらうことができる。次はスイスの腕時計を見て攻略してください!

1、価格で時計を五つのランクにします:2 K以下、2 Kから1 w、1 wから3 w、3 wから10 w、10 w以上。

a、2 K以下の基本は、ブランドをお勧めすることができません。唯一の注意が必要なのは、価格が2 Kよりも低いスイスのブランドも購入に値しません。

b、2 Kから1 w区間は、ティソ、波ピアノ、オメガ。ティソは、現在市場で購入できる最も安価な本格的なスイスブランドです。波の高い価格はティソより高いです。オメガは波の音より高いですが、価格は1 wの時計はできるだけ香港に行って買います。買わないでください。他のブランドを買わなければならない場合は、エミー、MDoとOresの3つのブランドをお勧めします。

c、1 wから3 wという区間は、実は最も気まずいもので、上が足りないよりも下に余裕がある。総合的にTEC Heuer(中国語という名は豪雅)で、製品のラインが比較的に豊富なため、またOMGのハイエンドのシリーズも悪く、できるだけ香港に行って時計を買いに行く。

d、3万~10万の区間が豊富すぎて、選択が難しい。第1押しは絶対にロレックスで、成功した男は必ずRolexをつけて、ある人はRolexがあまりに俗っぽいと言って、問題は“不俗”の時計を持って行くのが基本でも何人も物を見ていない。他のブランドには、IWC、積家、シケ、カルティエ、伯爵、ショパン、昆崙、宝石、百年霊などがあります。切記して、この価格の時計は必ず香港か日本に行って買う必要があります。