無造作記

CKの時計の時計の皿は霧がありますどのようにしますか?

CKの腕時計には霧があり、表の中に水分があると説明した。専門家は表の中に霧や水の玉が現れると指摘して、直ちに検査して、時計の使用寿命を延長するために、できるだけ表の中に霧や水の玉が現れて、洗濯、顔を洗って、入浴する時は時計をつけないでください、雨の日はもっと雨に降らないように注意しなければなりません。CKの時計に霧が出ている場合は注意して点検してください。

時計の中には霧があって、表の中に水分があるということを説明していますが、一般的には、表内に少量の水分があると、人の目には観察できません。腕時計は密封されていますが、柄の頭とパイプの組み合わせ、後蓋とカバーの接合部、カバーとカバーの接合部には非常に細かい穴があります。特に古い時計、穴の隙間がもっと大きいです。手を洗って、洗濯したり、雨の日が降るときは、この隙の中から水気が浸透します。また、夏は温度が高く、湿度が高く、時計が急に寒くなると、表面に水分が多い空気が霧や水玉になり、時計ガラスの中に付着します。

防水時計が水に入った後の処理方法

専門家は、表の中に霧や水の玉が現れて、直ちに検査して、霧や水の玉を拭いて、あるいは衛生紙や湿った布で腕時計を厳実にして、40ワットの電球の近く(約5センチ)に入れて約半時間焼いて、時計内の水分は水蒸気になって排出して、電気電球になります。また、太陽に照らされて霧になることを通じて、機械の時計の頭を開けて、衛生紙や綿布を頭の周りに入れて、日光の下で5時間くらい日焼けして、トイレットペーパーや綿布がふさがっていると芯の中の水蒸気を取り除くことができます。偶然にも少しの霧があって、気候が乾燥したら自然に消えます。